入隊のご案内 京都1団の紹介 団内連絡 リンク 掲示板 団・リーダー専用 BSK1 TOP
各隊の活動→ ビーバー隊 カブ隊 ボーイ隊 ベンチャー隊 ローバー隊 団行事



2003年8月7日〜10日 花背山の家にて
ボーイスカウト京都第1団発団55周年記念キャンプが行われました。
キャンプに参加したスカウトたち、色々とお世話になった団委員の方々に
55周年記念キャンプの思い出を書いていただきました。

☆BVS隊 片山裕人(かたやまゆうと)
熱がでて、しんどかったけど 飲んだジュースは、おいしかった。
熱が下がって ファイヤーで、チッコリーがおどれて、たのしかった。
ゆうじょうの石が、見つかって もらえたのが、うれしかった。

○日程
8/7(木) 8/8(金) 8/9(土) 8/10(日)
BS BVS CS BS VS RS BVS CS BS VS RS BVS CS BS VS RS
移動 移動 フィールド
アスレチック
合同プログラム
テント
設営
魚つかみ 工作
スタンツの練習
移動
団合同野外料理パーティ 団合同キャンプファイアー


☆BVS隊 湯田源人(ゆだげんと)
最後のアスレチックが、怖かったけど 楽しかった。
みんなで、作ったフルーツポンチは、とても おいしかった。
魚つかみで、魚がつかめて、うれしかった。
はじめて、さわった魚は、ぬるぬるして 気持ちがよかった。
☆BVS隊 水野仁人(みずのまさと)
ぼくは、キャンプに、行った。
1番楽しかったのは、チャンピオンロードです。
どきどきしながら、わたった。  
皆と一緒に温泉に入ったのも、たのしかった。
ぼくにとって、楽しかった思い出が出来ました。
また行きたいと、思いました。

☆BVS隊 榊繭子(さかきまゆこ)
ことりのなきごえの工作が、楽しかった。
かわいくできました。
ふしぎなくすりで、できたスライムが、おもしろかった。 ぷにゅぷにゅして、きもちよかった
☆CS隊 遠島修蔵
花背山の家についたころは、雨がふったり、やんだりでした。
魚つかみがしたかったのに、もうこの時点で魚つかみをあきら
めていました。(デンどんなのつくろうかな?)あたまの中は
デンのことばかり。
そしたらなんと、魚つかみがあると隊長が言いました。
「え、マジ?」少し半信半疑で川へ行きました。
  そしたらおそうじをしてもらっていました。そして川に魚がはなされました。
そして、はじまりました。全身ずぶぬれになりました。
でも、四ひきもとれました。すりきずはしたけどたのしかったです。
そのあとの野外パーティの魚のうまかったこと。
だからあの中で一ばんおいしかったのは「牛魔王」でした。?!(^_^)
こんどの五十五周年のキャンプはいつまでもぼくの心の中にのこっていることでしょう。(END)
☆CS隊 野原佑以
『花背での思い出』
入所式をしたあとデン作りでみんながんばっていた。
かたむいてくるのでくろうした。でも完成はやねもついてて
ゲームもできてカーテンもついていてとってもりっぱなデンになった。
野外料理はビーバーの方が人気だった…(涙)でもほかの所はうまかったけどあまり食べていない…。
2日目のパズルラリーはぼくのくじ運が良かったせいか目の前にある形といっしょだった。スタートしたらさっそくその場所に行った。形はいっしょだったが問題がむずかしかった。(涙) でもてんじしてある場所へ行って答えを調べた。そのあとの問題も解いてゴールしたら1問まちがっていた。でも2回目には正解した。隊長がもう1回行けと言ったので行ったらすぐできた。夜キャンプファイヤ
ーでもうじゅうがりをした。一番うまくできた気がした。
ぼくはキャンプファイヤーのプログラムは全部おもしろかった。
3日目さいごの隊閉所式ではデンがうまいと賞をもらった。
花背は3回目だから行きたくなかったけど行ったらとても楽しかった。
台風接近の中での野外「GO!GO!パーティ!」



台風接近で時折突風が吹く中、会場の設営・料理・片付けなど皆様ご苦労様でした。楽しい野外パーティでした。
☆BS隊 佐々木亮太
8/7〜8/10の3泊4日のキャンプでしたが、僕は8/8から参加しました。
その日の夜までは、特に面白い事はなかったのですが、夜になり、台風10号による警報が出たにもかかわらず、キャンプが続行されたことが一番印象に残った。
こんなことは僕に人生で始めて経験した。
☆BS隊 西嶋真仁
みんなといっしょに
「楽しく」
キャンプができたこと!
☆BS隊 林 泰良
この55周年記念キャンプは僕も初めての体験で、台風の中でのキャンプでした。
1日目はそんなに荒れ模様ではなかったのですが、2日目や3日目がとても大変でした。
2日目のプログラムで団合同立食パーティーがあり、嵐の中での行事となりました。
それに次の日に予定されていたハイキングも中止になってしまいました。
最終日こそは天気が良く、予定どおりに進み、無事に家路につくことができました。
散々な記念キャンプでしたが、これも楽しい思い出のひとつになりました。
☆VS隊 角田拓朗
台風が来て大変だったけど中々よいキャンプだった。ボーイの奴らにはいい経験になったと思った。今回のキャンプで上班をやってみてなかなか大変だったけどよかった。
☆RS隊 角田安弘
今回、ローバー隊は各隊のリーダーの手伝いとして参加
させていただきました。今回の記念キャンプは台風の直
撃を受けながらのキャンプとなりましたが、子供たちは
台風の中でも元気いっぱいに活動していて、嵐なんて関
係なく元気に友達と遊んでいる姿が京都一団を象徴して
いるかのようでした。天候の理由で残念ながらできなか
ったプログラムもありましたが、けがもなく無事に終え
ることができて、全体的にも大成功といっていいキャン
プになったんではないかなと思います。
☆RS隊 中川昌也
55周年キャンプに行く前日、台風直撃のニュースを聞いてこれは中止やなと一人でほくそ笑んでいた。甘かった。京都第1団には台風の申し子のような方々が腐るほどいるのを忘れていた。案の定他の団体はすべてキャンセルしている中、我々だけ孤軍奮闘することとなったわけだが、予想通り素晴らしいキャンプになった。暴風雨の中の立食パーティーなど正気の沙汰とは思えない。私も半ばヤケクソ気味であった。しかしながら55周年の記念キ
ャンプに台風までゲストに呼ぶなど、ボーイスカウト京都第一団の懐の広さには改めて驚かされる。
☆団委員(会計) 伊藤恭子
5年に一度、団の皆が集うキャンプが最悪の
天気になってしまいました。でもこの天気の
中、カブ隊の作ったデンや室内でしか出来な
いプログラムに取組んでいるスカウトを見る
と参加して良かったなと思い、参加された皆
さんと共有出来る思い出が出来、忘れられない思い出が1つ増えた事をうれしく思いました。



☆団委員(野行) 河合真喜夫
台風襲来で逆に思い出深いキャンプになったと思います。
さて、スタンツを何にしようかとお困りの方も多いと思いますが、団委員合同のスタンツ(水戸黄門)はどうだったでしょうか? たった一回のリハーサルでセリフもほとんどがアドリブ、小道具も手元にある物を使い、又、配役もバッチリだったのではないでしょうか。皆さん芸達者な方ばかりで、私
も端役でしたが楽しく参加させて頂き、もう次回は何をされるのかとワクワクしています。ぜひリクエストをお待ちしております。
          農民Bより
☆団委員(野行) 松下 俊一
『55周年記念キャンプの思い出』
6月から月2回3回と会議・下見を繰り返し準備してきた。
青空・蝉の声を聞きながらの立食パーティ・BS隊の経験した
ことないであろう山へのハイキング。
BVS・CSの大規模なアスレチックなど、スカウトの歓声・笑顔
が楽しみだった。
ところが自然の驚異"台風の襲来" 風雨の中パーティは終了。
夜、台風情報の収集・会議 "朝には通過しているだろう"
そこへ山の家よりテント泊のBS隊へ避難命令 迅速に団が動く。
スカウトをロッジへ誘導、これで安心と思い振り返って見るとスカウトは非難を楽しんでいる、
翌日も雨、"スカウトは楽しんでいるだろうか"気になる。
BSハイキングは中止になったが、BVSはポイントラリー・CSはデン作りと、笑顔が見えてきた。
最終日、縦割り編成の合同プログラム 太陽の下のびのびとした
笑顔・声が飛び交っている、楽しんでいる、本当に楽しそう
BVSもCSもBSも一緒になって話をし、考え、行動している。
縦割り編成の良さが見える、又こうした活動の機会を持ちたいですね。






☆団委員(事務局) 長谷川浩子
雨、雨、雨………と
大変な天候にもかかわらず、多くの方が一つの目標のため
に動くと、大きな事が、事もなげに出来て行くものだなあと、
皆様の力を垣間見せていただきました。
当の私は、まわりでバタバタしていただけでしたが、「台風直撃の中でキャンプしてきました。」と、ちょっと得意げに友人に話しています。

☆団委員(事務局) 田中菜保美
暑さに弱い私にとって、夏の行事は、いつも最悪です。
今回もダウンして、またみんなに迷惑をかけるだろうと心配していました。
しかし、台風が来て夏だというのにすごく涼しく、なんとか3日間実行委員の1人として、お世話することが出来ました。
いろんな場面に出会っても、各自がそれぞれの持ち味を出し、協力し合い、台風なんてなんのその、あらためて1団ってすごいと実感したキャンプでした。



過去の活動記録
2002.9 団ラリー「オワリトハジマリ」




Copyright(c)2002.Boyscout Kyoto Troop1.All right reserved.

inserted by FC2 system