入隊のご案内 京都1団の紹介 団内連絡 リンク 掲示板 団・リーダー専用 BSK1 TOP
各隊の活動→ ビーバー隊 カブ隊 ボーイ隊 ベンチャー隊 ローバー隊 団行事




2006年8月隊集会「CS/BS合同キャンプ at 静原キャンプ場」

ボーイ隊は、8月11日〜13日にカブ隊と合同で夏季キャンプを実施しました。
主なスケジュールは以下のとおりです。
今回のキャンプのテーマは”Back To B.P."として、ボーイスカウトの原点である野外生活の基本
に立ち返ろうということにしました。
殆ど全て自分達で薪拾いから料理の後片付けまで出来ました!

8/11 8/12 8/12
午前 移動 ・朝食
・朝礼
・点検
・モンキーブリッジ製作
・朝食
・朝礼
・点検
・基礎訓練
 手旗
 コンパスゲーム(ラーメン捜索)
午後 ・開村式
・設営
・薪拾い
・夕食準備
・昼食
・モンキーブリッジ製作
・撤営
・昼食
・後片付け
・閉村式
夕〜夜 ・夕食
・CS/BS交歓会
 (夜店)
・夕食
・キャンプファイアー
・肝試し
-

以下内容は、2日目のメインプログラムの「モンキーブリッジ製作」です。
言葉よりも先ずは体で覚えることが上達の近道でした。
今回は、モンキーブリッジ製作の主任講師として
風間団委員長とヒゲ林団委員に教えていただく
こととしました。

経験者が居る居ないでは、出来映えに大きな
違いが生まれます。
スカウト達にもキッチリしたものを習得してもらい
たかったためです。
縛材法の基本はできている筈ですが、人が渡る橋
となるといい加減にはできません。

先ずはロープ結びの基本をを復習しています。
こうして、みんなで作り上げる、というところが
オレは好きだなー。
X状のものを2セット作ります。
これは手すりを支持するものになります。
次に真ん中を通るロープを木に縛り付けます。
やはりチェーンブロックがあると、ピンと張れます。
少し休憩。
人間の体重が載っても大丈夫か
確認しています。
いけそうですね!
両端の手すりを作っています。
完成しました!
いよいよ試しに渡ってみます。
結構真剣です。
宙に浮いているものは不安に感じます。
自分達で橋を架けられることが体験
できたのではないでしょうか。
お約束の橋から落ちてチーン!
の1ショットです。

急がず騒がずですね。
【隊長より】
・関係者の皆様の多くのご支援により、無事終了しました。有り難うございました。
 感想等は隊長Blogにて → http://ameblo.jp/bsk1
・林周良君の菊面接(団面接)は高木副団委員長よりご承認頂きました。
   (各隊隊長面接有り難うございました)
    その後、地区面接を経て菊章授与という運びとなります。



過去の活動記録
2006.6 「ポンポン山ハイキング」
2006.4 「ラフティング合宿」
2006.1 「元旦登山」
2005.12 「ケーキ作り」
2005.10 入隊式&縛材法(ラッシング)訓練
2005.8 第52回京都キャンポリー
2005.2 「雪中キャンプ」
2004.12 「救急法講習会」
2004.11 「桂川ふれあい祭り」
2004.10 「04入隊式&ラッシング」
2004.8 「桂川地区合同夏キャンプ」
2004.5 「花背山の家、ハイキング合宿」
2004.1 「元旦登山」
2003.10 BS入隊式「めんそ〜れ、ボーイ隊」
2003.9 団ラリー「全員集合!」
2003.1 団行事「おもちつき大会」
2003.1 BS元旦登山「新しい年のはじまり」
2002.12 BSハイキング「上を向いて歩こう」
2002.11 GB訓練「スカウトマスターへの道」
2002.10 BS入隊式   「新しい物語」
2002.8 サマーキャンプ「めざせチャレンジBOY!」


BS活動用資料(自由にダウンロードしてお使いください。)
班集会・GB会議報告書 班集会やGB会議の報告書フォーマットです。
連絡帳 電話連絡を行うときに、プリントアウトして使用ください。
ハイキング計画書 自動で距離や時間などの計算機能もついています。



Copyright(c)2002.Boyscout Kyoto Troop1.All right reserved.

inserted by FC2 system