入隊のご案内 京都1団の紹介 団内連絡 リンク 掲示板 団・リーダー専用 BSK1 TOP
各隊の活動→ ビーバー隊 カブ隊 ボーイ隊 ベンチャー隊 ローバー隊 団行事




4月の活動報告

VS春遠征「鳥取の旅」<2005.4.1〜3>
「砂丘のラクダに会いにゆきます。」
「ゲゲゲのVS」
「途中うっかり温泉下車」


毎年恒例の、VS春遠征。今回は、山陰は鳥取県へと旅してきました。

日程:
  4/1 鳥取砂丘横断
  4/2 大山満喫&皆生温泉途中下車
  4/3 ゲゲゲのVS目指せ境港へ
総合距離(徒歩):56km
ねらい:鳥取砂丘を歩いて横断
     水木しげるロードを完歩
     温泉入浴
課題:鳥取砂丘の砂を各自ペットボトル二本分をおみやげとして持ち帰ること
    毎日日記を書くこと

4/1(初日)
早朝6:40に桂駅に集合し、移動開始。
青春18切符を駆使して、普通列車を乗り継ぎ、
鳥取を目指します。

初日の目的地は、鳥取砂丘です。
鳥取砂丘の最寄駅である浜坂駅に到着。
京都を出発してから約6時間経過。

さあ、いよいよ鳥取砂丘を横断だ!
ようやく鳥取砂丘に到着
海と陸との間に、小高い砂丘がそびえています。
鳥取砂丘は、端から端まで約10km
砂に足をとられるなか、重たい荷物を背負って
横断するのは、困難を極めました
4/2(二日目)
この日は大山の裾野をひたすら西へと目指しました。
歩いているのは国道9号線。
京都から繋がっている道です。
途中、うっかり温泉にも入浴し、夕食の準備中です。
メニューは、焼きソバ&卵スープ
できあがったころには、真っ暗に。
自分たちで作った料理の味は格別でした
夜はキャンプファイアー
静かに語り合いました。
遠征の思い出や、みんなの夢など話はつきません
4/3(最終日)
突然の大雨に見舞われます。
しかし、そなえよつねに!雨対策も万全
雨がっぱ、ザックカバーをつけていざ出発
雨にくわえ、日本海からの海風と車の飛ばすしぶきで
さらにびしょぬれに
それでも、スカウトは前に進みます。
いよいよ、ゴール間近です。
水木しげるロード到着!
アメニモマケズ、カゼニモマケズ
ついにゲゲゲの鬼太郎に会うことができました。
おまけ

帰りの電車は約10時間
全員お疲れモードです。

みんなで協力できたおけげで、一人人の脱落者も出すことなく、
無事、遠征を成功させることができました。

副長所感
久々のVS遠征への同行で、私自身も楽しみにしていました。
しかし、初日は同行するリーダーがいないため、スカウトだけで大丈夫か心配していました。
その不安が的中し、二日目の朝5時にスカウトから体調の悪いものがいるので、予定を変更し、計画よりも先の駅まで行きたいと連絡が入りました。
私は、スカウトの計画を尊重し、当初の計画どおりの行程で進めるよう指示し、もし、ダウンするスカウトがいれば、車でピックアップすると告げ、いそいで、鳥取に向かいました。
実際、合流すると多少疲れのみえるスカウトもいましたが、その日の目的地までは無事に到達することができました。
その後、温泉に入浴し、すっかり回復したようで、翌日も全員元気よく歩くことができました。
途中、日本海の海風と大雨にもめげず、誰一人としてリタイアすることなく、ゴールできたことはよくやったと思います。
とくに、班長は、スカウト全員の体調などを気遣ったり、スケジュール管理をしたりと、立派にその役目を全うしました。本当に、よくやってくれたと思います。

毎年恒例の遠征ですが、スカウト自身が企画し実践する、非常に良いプログラムです。
たった、3日間ですが、その間にスカウトたちが学んだことは、とても大きいものだったと思います。
雨の中のハイキング、手作りの料理、チームワーク、鈍行列車の旅、、、、etc
今後とも、この有意義な遠征を継続的に実施できるよう、リーダーとしてサポートしていきたいと思います。
いい顔写真集(^o^)




過去の活動記録
2005.9 西国三十三箇所巡り第3回「観音寺(15番)〜行願寺(19番)」
2004.3 VS遠征「VS春合宿 IN 小豆島」
2003.11 VS100kmハイク「天国と地獄Part2」
2003.4 VS遠征「屋久島一周徒歩旅行」
2003.1 100kmハイキング「天国と地獄」
2002.12 VS隊集会「今年のVS、これからのVS」
2002.11 西国三十三箇所巡り第2回「善峰寺(20番)、穴太寺(21番)」
2002.7 西国三十三箇所巡り第1回「三室戸寺」



Copyright(c)2002.Boyscout Kyoto Troop1.All right reserved.

inserted by FC2 system