入隊のご案内 京都1団の紹介 団内連絡 リンク 掲示板 団・リーダー専用 BSK1 TOP
各隊の活動→ ビーバー隊 カブ隊 ボーイ隊 ベンチャー隊 ローバー隊 団行事


4月の活動報告
「2008年春遠征in宮島etc〜」

<計画書WORD> <報告書PDF>

林VSの企画で、春の遠征プロジェクトを計画し、
広島県宮島を訪れる移動キャンプを実施しました。
プロジェクト名 2008年 春遠征
プロジェクト期間 平成20年3月29日〜4月1日
目的 ・あまりお金を使わないで旅を楽しむ
・広島の世界遺産めぐり、厳島神社の建築美を感じる
・弥山を見物し展望台から360°パノラマ写真を撮る
・本場広島焼きを食べる&自分たちで作る
目的に対する評価・反省
目標 事前に各自が日本の建築様式を調査し
厳島神社をおとずれた際にそれらと比較し写真をおさめる
そして巫女さんと記念撮影
おいしい広島焼きの作り方を聞く
目標に対する
評価・反省
タイムスケジュール
3月29日 4月1日 4月2日
4:30 桂駅東口集合
    (移動)
14:00 宮島口着
    (船移動)
15:00 宮島着
    (弥山登山)
17:00 山頂着

20:00 野営地着
    (夕食・夜プロ)
22:00 就寝
7:00 起床
7:30 朝礼
    (朝食)
10:00 厳島神社
    (観光)
11:00 ハイキング

18:00 野営地着
    (夕食・広島焼)
20:00 夜のプログラム
21:00 就寝
7:00 起床
7:30 朝礼
    (朝食・撤営)
8:50 野営地発
11:00 広島駅着
13:00 原爆ドーム
16:00 広島駅着
23:00 桂駅着
     (解散)
スケジュールに対する
評価・反省
全体評価



 始発電車に乗って移動です。

 まだ眠い
途中、電車の乗り継ぎ間違いと人身事故の影響で
2時間遅れで到着です。

宮島行きの船は観光客でいっぱいです。

とくに外国人が多い
世界遺産「厳島神社」の前に到着です。
石の輪の中に見えるが海に浮かぶ鳥居です。
記念写真をとりましたが、あいにく鳥居は人の影に
島鳥居の前でハイチーズ

今日は、通り過ぎるだけです。

宮島の最高峰「弥山」を目指します。
道中はかなりの急勾配

キャンプ道具一式を背負っての登山はかなりこたえた様子
海抜0mルから、一気に535mの山頂へ

瀬戸内海のきれいな島なみが見れました。

ただし、この時点ですでに17時を過ぎていた

ロープウェイも最終便が終わり、下山道をあるくのは

われわれ一行のみ。

暗闇の獣道を下山。
キャンプ場に到着した時にはすでに真っ暗
小原団委員がサポートに駆けつけてくれました。

そして、広島名物「牡蠣」を差し入れてもらいました。

感謝感謝


おなかが減っていたのか

かぶりつきです。
翌朝

夜から雨が降り出しました。

朝食ももちろん自分たちで用意します。
本日は、いよいよ「厳島神社」に参詣します。
朱塗りの柱や梁がきれいでした。

その中を大きな荷物を背負って見学
世界遺産での記念撮影です。

突然の風間団員長の激励

今回の遠征ではたくさんの方に支援いただきました。
雨脚はさらに強くなり体力を奪っていきます。

後姿に元気がありませんでした。
高速道路の下で雨宿り

かなり元気がありません。

ここで昼食です。ごはんを食べると少し元気になったようで

目的地まで無事にあることができました。
夕食の準備中です。

周りはまっくら
手作りの広島焼き?です。
見た目は普通のお好み焼きのようですが。

味はそこそこ

おいしそうにほおばります。
最終日

遠征恒例の朝の朝礼です。

どこにいっても欠かしません。
原爆ドームや広島市内を観光しました。
そして、これも遠征でよくある風景

爆睡です。
桂駅に到着

いろいろとトラブルがありましたが

無事に帰ってくることができました。

<林VS感想>
今回の春遠征はとてもハードで、そしてハプニングが多発した遠征だったと思う。
電車は乗り遅れたり人身事故、大変だった。
また今年も僕が企画した遠征だったのだが、去年とは比べ様がないくらい歩いたと思う。
重い荷物を担ぎ斜面40度はあろうかという階段を上り、また下りるときは獣道かと思うところを通った。途中コッフェルを谷底へ落とすというハプニングもあった。
また次の日は、荷物を担いだまま雨の降る峠を越え、みんな満身創痍になりながらも25`の道のりを歩き、目的地の温泉に到着した。
しかし、今回の遠征はそんなハードな遠征であったが故に得られたも多かったと思う。
厳島の自然や文化、歴史に触れられたのもよかったと思うし、原爆ドームでは、核の悲惨さを思い知った。
来年の春遠征では、この得られた企画、計画のノウハウを次の隊員に教えていければと思った。

<亀石VS>
遠征を終えての第一声は「やっぱり疲れたな」だった。 行く前から、ある程度は覚悟していたが移動中の人身事故に始まり、これでもかというぐらいのトラブル続きだったので体力的にも精神的にも予想以上にまいった。雨天のなかの20qハイクは相当つらかったが、空腹での温かい缶詰と味噌汁とご飯は美味かったし歩ききった後の温泉もこの上なく気持ちよかった。それと小原さんの焼いてくださったカキも美味しかった。ありがとうございました。全体をまとめて、この3日間は良い意味でも悪い意味でも本当に濃いものだったと思う。この経験を反省して今後に活かしていきたい。

<野原VS>
ベンチャー隊で初となった今回の春の遠征はハプニングの連続だった。
初日のハプニングはプラットホームの間違い。2番ホームで待っていると、1番ホームに乗る予定の電車が・・・。けっきょくまにあわず、1時間の遅れ。追い打ちをかけるかのように、電車が人身事故を起こし、さらに95分の遅れ。弥山を下山するときにもハプニングが。コッフェルが谷底へ落ちた。設営の時にも、テントだと思っていたらタープだった。そんな感じで一日が終わっていった。
二日目、もちろんハプニングはあった。昼間は雨の中をひたすら歩いていたため、ハプニングは夕方おこった。キャンプ場の水道が使えない!おかげでトイレを行ったり来たり・・・。とてもしんどい一日だった。
最終日は、前日のハイキングの影響で疲れが残ったままだった。なので広島見学をはやめに切り上げ、帰ることになった。
今回の遠征は非常に疲れたが、たくさんのことを学ぶことができた。日ごろ経験できないことも経験したので、日常でもこの経験をいかせればと思う。

<荒井宏VS>
僕はこのキャンプに参加して、しんどかったです。しかし、この遠征で身につけたことをいかして今後の活動にいかしていきたいと思います。
特に印象に残ったことは、青春18切符を使って何回も電車に乗り継いで広島県宮島口まで行ったことや、電車を待つときひホームを間違えて電車に乗り遅れたことや、
二日目の20キロ以上のハイキングなどといったことが印象に残っています




過去の活動記録
2007.11 「入隊キャンプ パノラマ京都
  〜新しい京都の魅力を発見しよう〜」
<指令書Word>
2007.4 春季遠征IN坊勢島    <計画書Doc> <報告書PDF>
2006.11 世界遺産プロジェクト  <計画書PDF> <報告書PDF>
2006.8 富士登山プロジェクト  <計画書PDF>
2005.12 わら工章講習会・Xmas焼肉
2005.11 VS100kmハイキング「天国と地獄」
2005.11 桂川地区代表者企画「桂川地区VS交流会」
2005.10 フットサル&04年の100kmハイキング
2005.7 桂川地区夏ぷろじぇくと「夏だ!元気だ!!桂川!!!」
2005.6 VS入隊式「FLY UP!」
2005.4 2005春季遠征「鳥取の旅」
2004.9 西国三十三箇所巡り第3回「観音寺(15番)〜行願寺(19番)」
2004.3 2004春季遠征「VS春合宿 IN 小豆島」
2003.11 VS100kmハイク「天国と地獄Part2」
2003.4 2003春季遠征「屋久島一周徒歩旅行」
2003.1 100kmハイキング「天国と地獄」
2002.12 VS隊集会「今年のVS、これからのVS」
2002.11 西国三十三箇所巡り第2回「善峰寺(20番)、穴太寺(21番)」
2002.7 西国三十三箇所巡り第1回「三室戸寺」



Copyright(c)2002.Boyscout Kyoto Troop1.All right reserved.

inserted by FC2 system